コンテンツへスキップ

借りた後に会社を辞めることになり、約2カ月間無職の状態になりました。無職の2カ月の間はそれまでの貯金で切り抜けられたのですが、仕事を始めた頃は貯金も無くなりその後の生活費の為にクレジットカードのキャッシングを利用しました。そのようなことから借金を返す為にまた新しく借りると言うのを繰り返し、気付いた時には借金も膨らんでどうしようもない状態になっていました。

節約をして生活すれば大丈夫だろう、いつかは払い終わるだろうと思い返済を続けていました。しかしそのうち借金の金額が全く減らなくなり、月々の返済額がほぼ利息分になっていることに気付きました。そこで毎日のようにテレビで流れている過払い金請求のCMが目にとまり気になっていました。しかし、弁護士事務所への相談は私には勇気のいることで、その後もしばらく時間が経ってしまいました。しかし、やはり毎月の返済が大変になってしまい勇気を出してまずは電話で相談をしました。次に来所の予約をし、実際弁護士さんとお話をして自分自身の現状を改めて知りました。過払い金請求をしても残高が残る可能性も含めてしっかりと今後のことを話し合い、任意整理をすると言うことになり、現在過払い金の請求を行うことから始めている状態です。

ローンや借金で悩むことは、恥ずかしいと思う人も多いかも知れません。実際私はそうでした。しかし、悩んで悩んで時間だけが過ぎても後々より大変な思いをするだけでした。誰かに相談をしたいなと思ったら、なるべく早くに周りに相談をするべきです。周りに言いづらければ、弁護士事務所や法律事務所があります。手遅れになる前に、どんな小さなことでも相談をするべきだと思いました。